アンダンテピアノ教室
RSS

宮原先生より☆



これまでに経験したことのない台風…九州の被害が心配です。こちらもビュービューと強風が吹いています。
2年前の今の時期、台風21号で僕の住んでいる地域も長期の停電等の甚大な被害が出て大変だったのを思い出します…。

今年はコロナの影響で演奏会等も延期・中止が相次いでいますが、開催側の様々な工夫を経て、コンサートやオーディション、コンクールが始動されるようになってきました⭐️
佐野先生も書かれていましたが、アンダンテピアノ教室をはじめ、僕の教えている生徒さん達も音楽高校、音楽大学受験シーズン到来という、今年は特に受験パラダイスの年になっています(*_*)この大変な時期に受験は少し気の毒ですが、この状況の中で努力して成し得たものは今後の人生で大きな財産になることと思います。

受験やコンクールの本選となれば、プレッシャーも相当なものですし、どんなに普段練習で完璧に弾ける人でも本番は怖いものです。誰もが知る超一流の演奏家でも大きなリサイタルの前は緊張で全然眠れないそうです(°_°)

本番の何が怖いか…その不安と緊張の最大の要因は、暗譜です…!!
そこで、僕自身も実践して効果があった入試やコンクール等、絶対に失敗できない本番の前に取り入れたい本番に向けての練習法をお話したいと思います!

まず、練習をしているうちに身体の動きで曲を暗譜している方が大半だと思いますが(何も考えなくても指が勝手に弾いている感覚)、何も考えずに指だけの練習を100回繰り返したとしても本番では何の役にも立ちません…。感覚で曲を覚えていると、ピアノの鍵盤の重さや残響の長さ、更に緊張による筋肉の強張り等、普段と状況が変わるとそれだけで通常の感覚が失われ、いつも弾けているところが本番で急に弾けなくなります。

そこで、絶対に失敗できない本番前は、鍵盤の蓋を閉めて、曲の始めから最後まで楽譜を閉じて、脳内でゆっくりのテンポで全ての音を意識して演奏します。この時のポイントは指も動かしてはいけません。案外これかなり難しいです、いかに感覚任せで普段弾いているかを思い知らされます(汗)

でもできるまで根気よく行います。そして、両手で脳内再生できるようになったら今度は左手だけを脳内再生できるようトレーニングします。なぜなら、本番で暗譜が怪しくなるのは98%左手だからです。脳内再生であれ?何の音だっけ?となるところが、本番でも怪しくなるまだ完全に暗譜できていないところです。
そこまでするの…!?と思われるかもしれませんが、これが本当に本番で効果抜群なので、是非受験生やコンクールを受けられる方はお試しください⭐️
2020-09-07 15:05:01

えりな先生より☆



こんにちは☆
大型の台風10号、心配ですね…。
被害が大きくならないことを祈るばかりです。
これからやってくる台風シーズンに備えて、日頃から少しずつ、もしもの時のために準備をしていきたい所です。


華子先生やなみ先生のブログにあった、3拍子のお話。
後ろにお休みが1つ付いたりして、4拍子の曲になってしまう、ということ。
よくあるなぁ…と思いながら見ていました。


「いち、に、さん」と言いながら、一緒に手拍子をして貰ったり。
私が言いながら手拍子を打って、それに合わせて弾いて貰ったり。
というようなことをやったりします☆


他にも、ハノンやバイエルで、16分音符の複雑なリズムが出てきた時は。
16分音符を4文字の言葉に当てはめて。
前の音符はここ、後ろの音符はここだよ~、というのを確認して。
その4文字の言葉を一緒に言いながら、まずは一緒に手拍子で出来るようになるまで、生徒さん自身が分かった!!となるまで。
丁寧に確認をしたりします。


4文字の言葉、例えばですが。
ディズニープリンセスが好きな女の子は、「アリエル」を言いながら。
最近弟さんも一緒に習い始めた、姉弟のお姉ちゃんは、丁度4文字の弟さんの名前を当てはめて、リズムを取ったり。
それぞれの生徒さんの好きな4文字を当てはめています☆


余談ですが…。
中学、高校と吹奏楽部でフルートを吹いていましたが。
実は1年間だけ、打楽器をやっていて。(中学1年生の時は打楽器、2年生になってすぐにフルートに変わりました。)


打楽器の時のリズム練習で、8分音符・3連符・16分音符の取り方で。
「さる」「こざる」「おおざる」とそれぞれ言いながら、バチでリズムを叩く練習をした覚えがあります。
なんでお猿さんだったのかは当時からの謎ですが…(笑)
ふと、こんなこともあったなぁ、と思い出しました☆


2020-09-06 20:53:01

なみ先生より☆



こんにちは
今日も暑いですね(*_*)
買ったアイスコーヒーを
うっかり車に忘れホットコーヒーに
なっていました笑


はなこ先生のブログにあった
拍子の練習
私もよく
片手で弾きながら
もう片方の手で拍子を叩きながら
練習してもらったりします


特に
これ弾きたい!と
Jpopの曲をすると
シンコペーションや
シンコペーションに付点が
組み合わさっていたり
複雑なリズムがでてきて
混乱します…笑


そんなときは
拍子からさらに拍を細かくして
その拍を叩きながら
音符がどのタイミングでくるのか
ひとつずつ…


他には言葉を当てはめてみたり…


これだ!
と分かる瞬間まで
地道に


はじめは
分からなくてできなくて
当たり前なので


この地道なことの
積み重ねが大切だなあと思います!





2020-09-06 03:14:01

ゆい先生より☆



生徒さんの楽譜を見たときに直してほしい音や強弱、

楽譜に書かれている細かい指示などできるだけ

見やすい楽譜にしようと心がけています。


なかなか注意した音が直らない生徒さんの楽譜を見たとき

その日注意した音を日付をつけてまるで囲んでいるのですが、

日付もたくさん並んでいるのとまるで囲んでいるのもあって音符が見えにくくなっているなと思い色分けをしようと思いました。

例えば、新しい宿題を出したときは鉛筆で注意するところに印を

次の週で合格にならなかったときは色鉛筆で印と日付を。

私ももう一度、見やすい楽譜作りにするために勉強し直そうと思います。
2020-09-04 20:41:01

華子先生より☆








9月になり、早いところはもうすぐ運動のところもあり
いよいよ年末まであっという間やな
と思う季節になってきました!



さて、ここ最近、スッキリした事がありました!

レッスンで3拍子の曲が、謎の休符や二分音符になって、4拍子に変えてしまう子が多いのですが、

私のレッスンでは、よく拍子を数えながら弾いてもらっていました。


そしたら、幼稚園くらいの子の何人かが、
「いち、に、さん、パ!」て言うんです。


可愛いんやけど、
パ!←どっから出てきた?!!!
パ!入れたら4拍子なってしまう!笑


なんでこうなるんやろ?
「いち、に、さん、パ!」
どっかで聞いたことある。

と思って思い出したのが、スイミング!



プールで言われる?
と聞くと、うん!と答える。。



バタ足しながら、ビート板持って、顔つけたらコーチが
「いち、に、さん!パ!」
パ!で顔上げる。

私もそう習って言われてたなぁと。

3拍子の謎のパ!解決してスッキリです☆




2020-09-03 20:06:02

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

~生徒さん、保護者さんへ~

教室からのお知らせを随時更新していきます。
ご確認宜しくお願いします。





ピアノレッスン♪

 無料体験レッスン実施中! 


受付時間…9:00~19:30
 ご相談に応じます
レッスン時間…1回 30分
 レベルによって若干異なります

体験レッスン受講のくわしい流れはこちら


 3歳からシルバーまで
一人ひとりのレベルに合わせた完全個人レッスンです。ヤマハグレード取得コースもございます

ピアノがなくても大丈夫!!
電子ピアノ6ヶ月間無料レンタル
(設置費は必要です)